酵素サプリがダイエットに良いという噂の真実を解説

「市販の酵素は意味がない」「酵素を飲んでも変わらない」など、酵素に関してさまざまな噂を多く見かけます。そのためか、酵素サプリで健康管理をしたくても不安で始められない方も多いでしょう。

結論から言いますと、酵素を外部から摂取するのは間違いなく健康に役立ちます。
ただし、どの酵素でも良いわけではありません。数多くある酵素サプリの中で何を選ぶかが一番大事な鍵になります。

ここでは酵素について最低限知っておきたいことや酵素とダイエットの関係性、酵素に秘められた働きなどを重要なポイントだけに絞って分かりやすく伝えます。

酵素の基礎知識についてまず知っておきたいという方は、酵素の働き方について説明している記事をいくつか先に読むのをおすすめします。

噂によって人気が下がっている酵素でも、まだ人は求めている


日本で本格的に酵素が知られるようになったのは、2011年5月頃からです。こちらのグラフは、「酵素」という検索キーワードに関するトレンドをGoogleが提供しているサービスで調べてみたものです。見ても分かる通り、全体的に酵素を検索する人は少なくなっているように見えます。

おそらく、ある番組で市販の酵素商品は、効果がないというキャッチコピーを使ったのが大きい原因でしょう。しかしそれでも、数万人以上の方が今でも良い酵素を探し求めていることも事実です。

市販の酵素サプリでもすべて良い訳ではない


一般的に酵素サプリには次のような形状があります。

  • カプセルタイプ
  • 粉末タイプ
  • ゼリータイプ
  • ドリンクタイプ


どの形状を選ぶかはそこまで重要ではありません。しかし、酵素サプリがどのような過程を経て作られたのかを確認することはとても大切です。

酵素に高い熱を加えると、酵素の働きがなくなってしまうことが分かっています。そのため、高温を避け低温で発酵させることが大事です。

酵素サプリを購入する際は、酵素にどういった処理が施されているのかを確認しましょう。

たとえばカプセルタイプの酵素サプリは、溶かしたゼラチン中に酵素原料を入れるものが多いので、熱が加えられている可能性が高くなります。
また粉末タイプは、高熱を使って乾燥させることが多いですし、ゼリータイプにいたっては、原材料を煮込んでから酵素を作る場合があります。

酵素サプリを選ぶなら製造過程を説明しているのを選ぶべき


「どの酵素サプリも熱が加えられているのでは?」「どれを選んだらいいの?」と思われている方は多いと思います。

酵素がもっとも活発に働ける温度は30℃~40℃の間です。42℃以上になると動きが少しずつ鈍くなり、100℃になると完全に消滅してしまいます。

サプリではなく食事から酵素を摂ろうと思っても、ほとんどの食材に火を通す現代人の食文化で酵素を摂取するのはかなり難しいと言えるでしょう。

体内の酵素がたりないままカロリーの高い食事を続けることで、体が重くなったりなんとなく調子が乗らなかったりなどさまざまな影響が出る可能性があります。

ですが、最先端の発酵技術はかなり発達しています。低温で発酵させる技術があるので「酵素サプリを摂っても意味がない」という心配はいりません。

ダイエットサポートだけを目的に酵素サプリを使うことは良くない


体の重さが原因でいろいろな問題が起こるのであれば「ただ体を軽くすればいいのでは?」と感じる方もいるかと思います。
酵素サプリをただダイエットのために使い始め、結果的に栄養バランスを崩してしまう人も少なくないでしょう。

ただ酵素を摂取することで人が健康になるわけではありません。外部から摂取した酵素は栄養素を消化させる役割をする消化酵素の働きを手伝うだけです。

酵素サプリを使ってダイエットをサポートしたいのであれば、食事をしっかり摂りながら酵素サプリを摂取することをおすすめします。

ただし腸内環境に自信がない方が酵素を摂取しても、思ったほど実感できないこともあるものです。
そのため酵素サプリを摂取する場合は、食物繊維や乳酸菌を一緒に摂ったほうが良いと言われています。

選び方に気を付ければとても魅力がある酵素サプリ


市販の酵素サプリは、使っている原材料が数いかに多いかを強くアピールしていることが多いです。

しかし大切なのは原材料の数ではありません。酵素サプリに自分が期待する働きがあるかを確認することがもっとも大切なのです。

酵素は、多く摂取しても悪いことが起こることはほとんどありません、これはさまざまな書籍で言われています。

ただし外部から摂取できるすべての酵素の役割はただ1つの役割だけしかもちません。それが消化酵素のサポートです。
消化が良くなっても腸内環境が悪ければ実感しにくくなりますので、もし腸内環境に自信がない方が酵素サプリを摂取する場合は、一緒に食物繊維も摂ることがおすすめです。

食生活に酵素と食物繊維を取り入れ健康な毎日を


外部から酵素を取り入れることが必要となるのは20代からと言われています。成人になると多くの人がお酒を飲み始め、さらには不規則な食生活をされている方も少なくありません。

30代を超えると「20代のころのようにはいかない」「なんだか体が重くなった」と言われる方が増えてきます。これは体内の酵素がたりなくなっているためです。代謝酵素が自分の役割を100%発揮できなくなったいうこともできるでしょう。

こう考えると、酵素と食物繊維は健康のためにとても大切なものだということが分かります。

酵素は、さまざまな活動により私たちの健康を維持するように働いてくれることが特徴です。食物繊維も現代人の食生活にかなり重要な役割をしてくれます。

これからは断食やファスティングなどのダイエットではなく、しっかり栄養を摂取しながら体に無理させないダイエットを心がけてみてください。