酵素洗顔パウダーこそツルツル肌の近道!効果や使い方を解説

次のようなお悩みをお持ちの方におすすめなのが酵素洗顔パウダーです。あの美容大国、韓国でも非常に大きな注目を集めている酵素洗顔パウダー。たった一度の洗顔でも驚くほどツルツル肌を実感できると人気のアイテムです。

  • お肌がザラついて化粧がうまくのらない
  • 何をやっても毛穴の黒ずみが取れない

今回は酵素洗顔パウダーって何?なんで人気なの?という方に向けて、効果や正しい使い方、おすすめの酵素洗顔パウダーをご紹介します。

酵素洗顔とは?

パパイヤのイメージ
パパイヤの画像 酵素洗顔とは、名前の通り酵素が配合された洗顔料のことです。お肌の黒ずみがキレイになるツルツル肌になれるという口コミが広がり、日本でも瞬く間に人気を集めました。

あの頑固な毛穴の黒ずみが気にならなくなるということもあり、毛穴に悩む女性はもちろん、男性からもたくさんの支持を得ています。

そもそもなぜ、毛穴の黒ずみやザラつきが起こるのでしょうか。毛穴の黒ずみは酸化した皮脂が毛穴に詰まることが原因です。長い間、皮脂が取り除かれずに毛穴に詰まっていることで黒ずみが起こります。

皮脂が詰まる原因としては、皮脂分泌が過剰だったり角質がたまって毛穴が塞がれていたりすることなどが代表的です。たまった角質は、お肌のザラつきの原因にもなります。

酵素洗顔パウダーは、このような毛穴に詰まった皮脂や落ちずに残った角質を取り除いてくれる皮脂分解酵素やたんぱく質分解酵素が配合されています。だから洗うだけでツルツルのお肌を実感できるのです。

代表的な酵素には、次のようなものがあります。

皮脂分解酵素
・リパーゼ
たんぱく質分解酵素

・プロテアーゼ
・プロメライン
・パパイン酵素

お肌のザラつきがないのに毛穴の黒ずみが目立つ場合は、皮脂分解酵素が配合されたもの、ザラつきも黒ずみも目立つ場合はたんぱく質分解酵素が配合されたものがおすすめです。

ところで、なぜ酵素洗顔はパウダー状で販売されているのでしょうか。酵素は水分を含むと活動が活発になり、時間がたつと働きが弱まることが特徴です。

水分を含むと時間が経つにつれて酵素の働きが弱くなってしまうので、洗顔時に酵素がしっかりと働くように使う直前に水を含ませるパウダー状で販売されています。

一般洗顔と酵素洗顔パウダーの違い

パソコンの前で調べものをしている女性
一般的な洗顔料は、お肌の皮脂汚れを落とすことが主な働きです。界面活性剤が皮脂を取り除いていきます。

一方で酵素洗顔パウダーは、皮脂分解酵素やたんぱく質分解酵素が配合されているので、皮脂汚れだけでなく角質を取り除く働きもあることが特徴です。角質を落とせるかどうかが、一般的な洗顔料と酵素洗顔パウダーの大きな違いと言えます。

一般的な洗顔料は、ペースト状や固形状、ジェル状となっていることがほとんどです。ペースト状や固形状のものは泡立ててから使います。ジェル状のものは、泡立てる必要がないのでそのままお肌にすべらせて使うものがほとんどです。

とにかく皮脂汚れだけを落としたい方は一般的な洗顔料、黒ずみやザラつきが気になる方は酵素洗顔パウダーというように使い分けると良いでしょう。

酵素洗顔の注目すべき効果について

洗顔後自分の肌を触っている女性
洗顔後肌をチェックしている女性 酵素洗顔パウダーには皮脂やたんぱく質を分解する働きがあるので、一般的な洗顔料にはない効果が期待できることで注目されています。代表的な効果は次の通りです。

  • お肌をなめらかにする
  • 毛穴の汚れを取り除く
  • 汚れや古い角質を落とすことでくすみを取り除く

酵素が角質を取り除いてくれることで、お肌のザラつきがなくなり、なめらかに仕上がります。角質がなくなることで毛穴汚れも落ちやすくなるので、毛穴汚れが気になる方にもピッタリです。くすみが取れることで、お肌の透明感も増します。

酵素洗顔パウダーの使い方

泡をたくさん使って洗顔をしている女性
酵素洗顔パウダーには、大きく2つの使い方があります。お肌の状態に合わせて、自分に合う使い方を試してみてください。

①基本的な使い方
  1. 酵素洗顔パウダーを適量手に取り、水を少量ずつ加えながらよく泡立てます。
  2. 目に入らないように気をつけながら、泡で優しく顔を洗ってください。
  3. すすぎ残しがないように、ぬるま湯で十分に洗い流します。


②応用的な使い方
  1. 酵素洗顔パウダーを適量手に取り、水を少量ずつ加えながらよく泡立てます。
  2. 目の周りを避けて、顔に泡を乗せていきます。
  3. お肌を泡で覆ったら、そのまま1~3分ほど置いてください。
  4. すすぎ残しがないように、ぬるま湯で十分に洗い流します。


普段のお手入れとして使う場合は、①の基本的な使い方を参考に使いましょう。お肌のザラつきや毛穴汚れがとくに気になるときは、パックのようにして使う②の使い方がおすすめです。

どちらの方法で使う場合も、1つだけ注意点があります。それは酵素洗顔パウダーに水を混ぜすぎないことです。酵素洗顔パウダーはごく少量の水でも泡立ちます。

水を含ませすぎると泡立ちが悪くなってしまうので、パウダーと同量程度の水を目安に混ぜて使いましょう。

また酵素洗顔パウダーで洗った後は、普段よりもお肌が乾燥しやすい状態になっています。洗顔後はいつもより意識して保湿を行うようにしてください。

こんな人に酵素洗顔パウダーはとても役立つ

手鏡で自分の肌をチェックしている女性
酵素洗顔パウダーは次のような方におすすめです。

  • いくら洗っても毛穴汚れが取れない方
  • お肌のザラつきが気になる方
  • 化粧水の浸透が気になる方
しっかり洗顔しているはずなのに、毛穴汚れがスッキリしないという方は、ぜひ酵素洗顔パウダーを試してみてください。酵素が皮脂やたんぱく質を取り除いてくれるので、スッキリとした洗い上がりを実感できるはずです。

お肌もぐんとなめらかになりますよ。化粧水の浸透を妨げていた角質がなくなることで、お手入れ後のもっちり感も増します。

おすすめの韓国の酵素洗顔パウダーをご紹介

自分の肌に満足している女性
酵素洗顔パウダーは、男女問わず人気を集めていることもあり、今ではたくさんのメーカーから販売されています。

どの酵素洗顔パウダーがおすすめなの?種類が多すぎて選びきれないとお悩みの方も多いでしょう。

そんな方のために、ここでは数ある酵素洗顔パウダーの中から3つを厳選してみました。それぞれの特徴も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

EVANS ジェントルクレンジングパウダー

エバンスジェントルクレンジングパウダー
たんぱく質分解酵素の1つであるパパイン酵素を配合した酵素洗顔パウダーです。角質をしっかり取り除いてくれるのに、洗い上がりがしっとりとします。肌荒れを予防する成分も含まれているので、お肌を健やかに保ちたい方にピッタリです。

〈特徴〉
  • 必要な潤いは残したままスッキリと洗い上げてくれる
  • 肌荒れを予防するツボクサエキスやアラントインが配合されている
  • 着色料や香料、パラベンが配合されていない

まとめ

鼻を触っている女性
酵素洗顔パウダーとは、皮脂やたんぱく質を分解する酵素が配合された洗顔パウダーのことです。お肌にたまった角質や皮脂汚れをスッキリと取り除いてくれます。そのため、毛穴詰まりやザラつきが気になる方に人気の洗顔料です。

酵素洗顔パウダーは酵素以外に保湿成分や肌荒れ予防成分などが配合されたものもあります。商品によって洗った後の仕上がりが違いますので、自分のお肌に合うものを使うことが大切です。
タグ: 酵素洗顔